Twitterで趣味友

   


現在、FacebookやLINEなどあらゆるSNSが普及しているが、その中でも気楽さを売りにしているのがTwitterである。140文字という字数に縛られているものの、速報性としてはSNSの中でも群を抜いているように思われる。多くの芸能人やスポーツ選手も自身のアカウントも持っており、そのような人たちに気軽にリプライを送れるというのも魅力の一つだ。
Twitterから出る話題も多くある。
さて、このTwitterは友達を作る場合にもとても優れているといえる。
Twitterには検索機能があり、何かキーワードを入力すると、そのキーワードを含んだツイートが時系列で表示されるようになっている。
つまり、自分と同じものを好きな人が簡単に見つかるというわけだ。
趣味で人と繋がるほど簡単な方法はない。
初めての人でも趣味が同じだと話も盛り上がり、あっという間に仲良くなれる。
それに関する情報交換も可能だ。
また、これはよくあることらしいが例えば好きなアーティストやバンドのライブに行ったとする。
そのアーティスト名、ライブ開催地を検索欄に入力すると、さっきも言ったようにそのキーワードを含んだツイートが表示される。
つまりこれはどういうことかというと、同じライブに言った人が簡単に見つかるというわけだ。
それがもしかしたら自分の隣にいた人かもしれない。
入場の際に後ろに並んでいた人かもしれない。
SNS上だけでなく、実際にリアルに人と会うことも可能になるのがTwitterの良いところだ。
趣味を通して仲良くなった人とは、実際に会っても話ができるだろうし、次は同じライブに行こうということにもなるかもしれない。
そうすればどんどん友達が増える。
他にも、大学入学前にTwitter上で友達になるということもあるそうだ。
これもまた検索機能の話になるが、自分の進学先の大学名、学部名を入れると同じプロフィールの人が表示されるため、そこでリプライを送って入学前にコンタクトをとる。誰も知り合いがいない入学前はとても不安だが、こうやって繋がれると不安も緩和されるし新しい生活も楽しみになるように思える。
上記に挙げたように、検索機能はかなり使える。Facebookにも検索機能はあるが、Facebookは実名SNSなので、少なからず危険が伴う。Twitterも危険がゼロかと言われれば、それはノーであるが、実名にする義務はないので名前も変えることが可能だし、いざというときにはブロック機能等もついているので安心だ。
人と人とがコミュニケーションをとるには、やはりフェイストゥフェイスが一番なのは言うまでもないが、人と話すのがなかなか苦手な人も多い。そんな人はTwitterで趣味が合う人を見つけてみてはどうだろうか。とても気の合う友達に出会えるかもしれない。分かり合える人がいる人生ほど幸せなものはないだろう。

 

                    トップに戻る